i-modellers 12.8cm野砲K44[クルップ]

ドイツ・12.8cm野砲K44[クルップ]

|1|2|3|4|

塗装

p11.jpgp11.jpgp12.jpgp12.jpg
塗装作業に入ります。まずはサフ吹きです。金属砲身やエッチングパーツがありますからサフはクレオスのプライマーサフを使いました。これ一本でプラ、金属、レジンの全てに使えるので便利です。

次は影吹きです。自家製のチャコールグレー(マホガニー+タイヤブラック+フラットベース)を使って影になる部分を塗っておきます。砲架と砲尾などの操作部はほとんど真っ黒です。というか白い部分は防盾と砲身にしか残ってないほどです。
p13.jpgp13.jpg
基本塗装はダークイエローです。こちらも自家製のダークイエローで既製品のダークイエローよりも明るく多少赤みを強くしてあります。これを大量に作って大きな瓶にいれてとってあります。途中でなくなると困りますから残量には絶えず注意しています。

塗るときは影色がほんのりと残る程度に塗ります。クレオスのMr.カラーは隠蔽力がほどほどなので、そのあたりのコントロールはやりやすいですね。

ページの先頭へ

p14.jpgp14.jpg
迷彩塗装は塗装図にあったレッドブラウンの雲形が入った2色迷彩です。レッドブラウンはクレオスの瓶生です。案外いい色なんですよね。ガイアのレッドブラウンの方がホントの色に近いそうですが、私はこちらが好きなんです・・・って、そういう問題?


p15.jpgp15.jpgp16.jpgp16.jpg
砲身にデカールを貼ります。いつもはデカールのシルバリングを防ぐために下地としてツヤ有りのクリアを吹くのですが、今回はこの縞々だけなので、余白は前もって切り取っておくことでシルバリングを防いだため、ツヤ有りクリアは無しです。

細部を塗り分けて車輪を接着しました。
p17.jpgp17.jpg
車輪を下に下げるとちゃんと砲架が地面から浮きます。この手の巨大な砲は移動に手間がかかるものなのですが、この仕組は素晴らしいですね。そしてこのギミックをプラモで再現してくれたトランペッターもなかなかのグッジョブ!です。

|1|2|3|4|


Web模型雑誌

i-modellers

このサイトはリンクフリーです。ご自由にリンクお願いします。
このサイトの文書、写真、画像、図などの著作物は各ライターに所属します。無断でのコピー、転載は禁止します。

Copyright(c)
2010 ~
i-modellers.com
All Rights Reserved.